2018年01月31日

西郷隆盛の画像2

西郷隆盛.JPG

荘内藩 士族の石川静正が、鹿児島に練兵修行に行き、その後再訪して西郷に接して顔を見た。
このときの印象をもとに隆盛の肖像を描いた。これを見た鹿児島出身の洋画家黒田清輝が、門弟佐藤均に勧め大正2年に肖像画を完成させた。いと夫人などの鑑定により、最もよく似ていると言われているのがこの肖像画だという。
posted by マトヤ技研工業 at 16:41| 鹿児島 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする